22/10/7 18:51

Indie game No Man’s Sky
673Views
 

No Man's Sky の大型アップデートWaypoint v4.0を更新 ゲーム内設定がより充実に

No Man's Sky の大型アップデートWaypoint v4.0を更新 ゲーム内設定がより充実に

No Man's Sky を開発するHello Gamesは10月7日No Man’s Sky Nintendo Switch版の発売に合わせて大型アップデートを更新、ゲームの難易度、建築に必要な素材数の変更などゲームの設定を事細かく変更できるようになった。

変更内容

今回もアップデート内容があるので注目すべき内容を紹介する。

カスタムゲームモードの追加

今アップデートでゲームの難易度を自由に決めることができるようになったカスタムゲームモードが追加された。これはサバイバルモードやクリエイティブモードといったゲームのモードチェンジとは違い、建築に必要な素材の個数指定や敵の強さなどゲームの根幹となる部分の設定を自分で行いゲームを始めることができるようになった。

オートセーブの実装

これまでは特定のセーブポイントもしくは宇宙船に降りてからのみであったオートセーブ機能がシームレスにできるように更新された。これによって宇宙の旅に没頭できるようになった。当然通常のセーブ機能もあり状況に応じて使い分けることが可能になった。

トレードロケットの追加

新たにトレードロケットが追加された、これはゲーム内でいつでもどこでも簡単に銀河貿易ネットワークに気軽にアクセスができる機能、惑星表面のどこからでもロケットを召喚でき、アイテムを乗せ飛び立たせることで現地の宇宙ステーションに発射して利益を得ることができるようになった

今回はゲームモードの追加やオートセーブなどゲームを快適に遊べれるように工夫されたアップデートである。 Nintendo Switchにも登場し、今後のNoMan’s Skyの強固な基盤となるアップデートであると感じている


画像は公式サイトから引用しています。


関連記事の他にタグに関連する動画がオススメとして紹介される。あなたのおすすめゲームを知りたい、広めたいので是非投稿して紹介してほしいログインはこちら


ここまで、読んでいただきありがとうございます。本サイトでは、訪問者が自由にコンテンツの価値を決めれる「Pay What You Want」をとっています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、価値に見合った金額をお支払い下さい。皆様のご支援心よりお待ちしております。