23/3/29 10:49

Nintendo Zelda
349Views
 

【ゼルダの伝説 Tears of the Kingdom】最新デモプレイ映像を公開! 自由な発想がよりパワーアップ

【ゼルダの伝説 Tears of the Kingdom】最新デモプレイ映像を公開! 自由な発想がよりパワーアップ

『ゼルダの伝説 Tears of the Kingdom』の最新プレイ映像が公開され、ブレスオブザワイルドをベースにした空島が追加された続編となっていることが明らかになった。新たな要素として、「モドレコ」や「スクラビルド」、「ウルトラハンド」、「トーレルーフ」が登場し、ゾナウ族に関連するアイテムが存在することが示唆された。ゲームの発売日は2023年5月12日で、現在予約を受け付けている。

3月28日23時に公開されたゼルダの伝説 Tears of the Kingdomの最新プレイ映像を公開、プロデューサー青沼英二氏が実際にプレイできる様子を公開した。ブレスオブザワイルドをベースに空島が追加された、続編というに相応しい世界観となっている。双子山の祠が消失しているなど前作とは異なる点が多い

追加要素

前作で謎解きや様々なシーカーストーンが使えなくなり、代わりに異形の形となった右腕を使い新しい能力を使うことができるようになった

モドレコ

物の動きを逆再生するモドレコが登場、映像では利用することで空から降ってくる岩を落下する前の場所に遡り、空島に向かうことが確認できた。

スクラビルド

スクラビルドは2つのアイテムをくっつける機能、デモプレイ映像では木の枝と大きな岩をくっつけて即席のハンマーを作成、木の棒と鍬を掛け合わせて超ロング槍を作成することが可能になった。武器の他に盾に煙を出すキノコをくっつけて、敵の攻撃を盾で受けたら煙を発生、敵が見失っているうちに、背後に回って不意打ちをかますことができる。矢にも魔物の素材を引っ付けることができるなど、応用性が高いものだ ウルトラハンド ウルトラハンドは物と物をボンドでモノをくっつけるかのように丸太をくっつけたりすることができるようになるこれを極まれば、車や気球を作ることが可能になることがわかっている。

トーレルーフ

屋根がある場所ならどこでも通り抜けることができる「トーレルーフ」が登場 洞窟の中や建物などある条件を満たせば使うことが可能である。牢屋があれば脱獄できるといった応用もできることがわかっている(わざわざ脱獄を示唆したことは投獄される展開がわかっていることであろう)

ゾナウ族の情報

今回のDEMOプレイ動画で紹介された本作の雑魚敵の「ゴーレム」この敵を倒した時に落としたアイテムがゾナウに関連するアイテムが存在することがわかった。ゾナウに関してはゲーム本編にはあまり触れられていない数千年前に消え去った謎の戦闘民族で裏設定に近い世界観のスパイスなる存在だ。

その謎の種族についに明かされるのはワクワクするものではないであろうか。詳細は本編で明らかになるのであろうが

2023年に5月12日に発売されるゲームは2023年3月29日現在予約を受付中、自由な発想が実現するゲームだ。ぜひ予約してみてはいかがだろうか


本サイトは、訪問者が自由にコンテンツの価値を決めれる。「Pay What You Want」方式を採用しています。「役にたった」「面白かった」など、何かしら価値を感じた場合は、価値に見合った金額をお支払い下さい。価値がないと思った場合には、お支払いは不要ですのでご安心ください。